どらママの日記

Webライターの仕事、胞状奇胎、子育てネタの雑記ブログ

「辞める」ということ

f:id:aiendo:20181117052913j:plain

 先日、女子大生がTwitterで「大学辞めてフリーランスになります!」と宣言して炎上しましたね。

私はその投稿を読んで他人事と思えず、しばし考え込みました。

というのも、私自身来年2月末で退職し、フリーランスとして働くことを決めているからです。 

doramama.hatenadiary.com

 

doramama.hatenadiary.com

Twitterの投稿は、「大学辞めます。その後どうするかは、これから考えます。」といった内容だったと思います。

これを見て、「大きな決断をした!やりたいことはこれから考えればいいよ!やろうと思えばなんだってやれるよ!」と応援したい気持ち半分、「具体的な今後の計画がないのに、無鉄砲すぎないかい……?本当に稼げるの?」と、おせっかいオバサンのような考えが浮かんだのも事実。

 

他人の人生、どう生きるかはその人が決めることであって、口出ししようなんてこれっぽっちも思っていません。

なぜこの投稿が私の心に引っかかったのか……

それは「お前こそ、大丈夫か?」と、自分自身に対して一抹の不安を感じたからだと思うのです。

 

2月末で退職し、3月からはフリーのWebライターとして働く。

これはもう決まっていることで、今から退職後のことをあれこれ想像したり、計画を立てたりとワクワクしています。

一方で、

本当に大丈夫?

無鉄砲ではなかったか?

収入面で、夫を不安にさせないかな?

……という気持ちも、少なからずある。

 

ずっと「書く」仕事をしたいと思っていた私は、1年間考え抜いた結果、会社勤めを辞めてWebライターを本業にすると決意しました。

家で仕事がしたいというのも大きな理由です。

 

これで、ずっとやりたかった「書く」仕事ができる!

不安なんて全然ない!

……と自分では思っていたのですが、女子大生の「大学辞める」ツイートを見て、自分の心の声に気づきました。

「やりたい仕事をしたい」という気持ちだけで、本当に稼げるのか?甘く考えてない?

 

そもそも、会社を辞めてWebライターに専念しよう!と決断できたのも、夫の収入があってこそ。

夫の収入がなかったら、仕事辞めてまで書く仕事に専念したいと思ったかな?

人の収入をあてにして、自分のやりたいことやるって、ちょっと違うんじゃないの?(今回の女子大生のことではありません。)

 

こんな考えが出てきてしまって、モヤモヤ。

でも、自分が「やる」と決めたこと。

夫に対して後ろめたい気持ちがなくなるくらい、いっぱい稼ぐ!

夫の収入はゼロ!私が稼がなかったら、子供にご飯食べさせられないよ!!

……これくらいの切羽詰まった感でやっていこうと思います。

モヤモヤすらモチベーションに変えて前に進むのは、けっこう得意です。

 

ありがとう、女子大生。

女子大生のその後が気になります。