どらママの日記

Webライターの仕事、胞状奇胎、子育てネタの雑記ブログ

【フリーランスになるということ】これからの生活や仕事について考えてみた。

f:id:aiendo:20181022054712j:plain

 

先日、こんな記事を書きました。

doramama.hatenadiary.com

 

今の仕事を2019年2月いっぱいで退職して、4月からはフリーのWebライターになる。

ブログを始め、Twitterでも公言したので、もう後には引けません。

というか、後に引けないようにするため(必ず実現するため)に公言しました。

 

ここ数日、その夢に向かってこれから何をすればいいのか、夢を実現した先にはどんな試練・喜びが待っているのか考えてみました。

 

4月からフリーランスとして活動するためにやっておくこと

  • ブログの記事を増やす(営業の時に実績・サンプルとして見てもらえる)
  • クラウドソーシングで案件を探す、提案する
  • Twitterで案件を探す、提案する
  • メディアにライター募集してないか問い合わせ、営業する
  • 税金・保険料・確定申告などの勉強
  • 少しでも貯金を増やしておく
  • 円満退社の方法を脳内シミレーション

来年の2月、3月は営業の月にしたいと思っています!!

 

退職して、フリーランスになったらどうなるか

不安なこと

  • 収入減る(根拠はないけれど、数ヶ月で挽回する自信あり)
  • 健康保険にいくらかかる?(勉強しないとな)
  • 確定申告ってどうやるの?(勉強!!)
  • 住宅ローン(余裕で払えるくらい稼ぐつもり)
  • 孤独な仕事(仲間を増やそう!)
  • 運動不足になる(ランニングする!)

 楽しみなこと

  • 書く仕事ができる
  • 子供の急病に、仕事休まなきゃ…!と焦らなくていい
  • 子供の行事に心おきなく参加できる
  • 天候を気にせず仕事ができる(大雨、大雪、台風ほんとにイヤ…)
  • 体調が悪いときは家で横になれる
  • 暑い・寒いなか通勤しなくていい
  • 暗い夜道を帰らなくていい
  • 好きな場所で仕事ができる
  • 自分で仕事の量を調整できる

 

 フリーランスって、守ってくれる会社がないぶん想像以上にハードモードだと思うので、自己管理はしっかりしないとな〜と考えています。お金の勉強も。

子供の急病・行事に関しても、余裕をもって対応するためには、日頃から計画的に仕事を進めていることが前提ですもんね……。

 

でも、子供や自分の体調不良で、職場に「すみません」と謝って休みを取る後ろめたさ(そもそも後ろめたく感じなくてもいいと思うのですが、小心者の私はいつも心が削られる思いで休みの申告をしていました)がなくなるというだで、生活の質はグッと上がりそうな予感がします。

 

フリーランスで働いているママさんの、リアルな日常を聞いてみたいな〜