どらママの日記

7歳・2歳の子育てと仕事、病気、やりたいこと、思うままに書いていきます。

妊娠初期の茶おり・出血 胞状奇胎と言われるまで 【その③】

ブログを訪問していただきありがとうございます。

ここでは、妊娠陽性反応からわずが1週間後に出血が始まり、「胞状奇胎の疑いがある」と言われるまでの経過を記録しています。

 

前回までの投稿はこちら。

 

doramama.hatenadiary.com

 

doramama.hatenadiary.com

 

妊娠の陽性反応が出てからわずか1週間後、薄ピンクのおりもの〜茶おりが出始めたものの2日ほど普通の色に戻りました。

 

ホッとしたのもつかの間、数日後に再び茶おりが出たのです。

その日は長女の卒園した幼稚園で盆踊りがありました。

下の息子を抱っこをしたり、目を離せない時期なので追いかけ回したり……。

 

お腹の赤ちゃんのことが気になりつつも、下の子はまだまだ手がかかる時期。

「ちょっと疲れたな〜〜」と思って自宅に帰ると、茶おりが……。

1週間後には、産婦人科の初診予約をしていました。

「量も少ないし、お腹も痛くないし、予約の日まで様子を見るか……」

「明らかな出血になったら、予約日を待たずに受診しよう」

そう決めて、しばらく様子を見ることにしました。

 

それから数日間、茶おりの量は減ることはなく、かといってたくさん出るわけでもなく、「どうしようか。受診したほうがいいのか……」と悩みました。

お腹の違和感は、たまに重く感じる程度。

痛いほどではない。

 

常に「流産」という2文字が頭の中にあり、不安で仕方なく、「妊娠初期 流産」とか「茶おり 流産」などをとにかく検索しまくりました。

 

しかし同時に、「初期の流産は、染色体異常がほとんど。慌てて受診したところで防ぎようがない」と冷静に考えている自分もいました。

 

予約日の前日、おりものは赤茶色に変化しました。

もはや茶おりではなく、明らかに「血液が混じっている」という色。

量も増えている。お腹の違和感も強くなっているような。

 

どうか赤ちゃんが無事であってほしいという思いと、無理かもしれないという思いを抱えて、祈るような気持ちで初診予約日を迎えたのでした。

 

つづく。